コラム

column

天然芝と人工芝どっちがいいの?

こんにちは!

埼玉県本庄市を拠点に、住宅のエクステリア・外構工事のご依頼を承っております、(株)D’s GRandです。

埼玉県内全域と群馬県伊勢崎市や前橋市など、本庄市から近いエリアでの施工も手がけてまいりました。

 

今回は人気の芝生について

自宅の庭に芝生を敷きたいと考えてる方は、天然芝と人工芝どっちがいいの?と悩む方がたくさん居るのではないでしょうか。天然芝と人工芝にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

 

天然芝は、人工芝の10分の1の費用になることがあるほど安価に施工できます。芝生は春から夏にかけて成長し、冬は枯れまた春先に新しい芽が出ます。

植物である天然芝はメンテナンスが重要です。成長期の夏は、1週間に1回の芝刈りが必要で、肥料をあげたり、毎日水やりをしたり雑草を抜いたり・・・お手入れを怠ると枯れてしまう事もあるので、その後のメンテナンスが出来るかが重要なのです。

でも、しっかり刈り込み、お手入れすれば裸足で歩いても気持ちのいい芝生になります。火気厳禁の人工芝に比べ火の扱いにあまり注意しなくて良いのでお庭で、花火やバーベキューを楽しみたい方にも安心です。

天然芝のメリットは、安さと、肌触り、そして季節を感じながら四季の移ろいの変化を楽しめること!

デメリットはメンテナンスの手間がかかることです。かといって、何もしなければ残念な芝生になってしまうので注意が必要です。また、日当たりの悪い場所では芝が育たないので、施工場所が限られてしまいます。

 

人工芝は、合成樹脂で作られています。毛足の短いものから長いもの、よりリアルな見た目の人工芝など種類が様々です。敷く場所を選ばず、施工した後はほとんどメンテナンスの必要がありません。ゴミや落ち葉が気になったら掃除をするくらいです。

人工芝を施工するには、土から石や雑草を取り除き、整地、転圧します。でこぼこした地面に敷くと、シートが浮いてしまったり水はけの悪さの原因になるからです。そして防草シートを敷いて、その上に人工芝を施工すると雑草が生えにくくなるのです。しかし、人工芝は合成樹脂の為、火種が落ちると溶けてしまうので火気厳禁となってます。お庭で花火やバーベキューを楽しみたい方は防炎機能付きの人工芝を選ぶようにしましょう。

人工芝の最大のメリットは、メンテナンス要らずで一年中青々とした芝が楽しめることです。デメリットは、残念ながら耐久性に優れた人工芝でも寿命があることです。それから夏場の、熱です。直射日光を当て続けると60度程度まで熱くなる可能性があります。

 

 

天然芝と人工芝

それぞれにメリットデメリットがありますが、維持管理を考えるとお手入れの時間が取れない方には人工芝をおすすめします。まるで本物のようにリアルな人工芝もありますし、小さなお子様やペットが遊ぶのに適したクッション性と消臭機能が付いた人工芝もあります。ゴルフを楽しむ方には人工芝で好きな形のパターゴルフを作れます。またコンクリートの駐車場の目地に人工芝を利用するだけで、見栄えが良くなり全く違った印象になりますよ!

どちらが良いか、ライフスタイルに合わせた選択が必要です。初期費用の安さで安易に天然芝を選択しても、お手入れの時間が取れず、結局枯らせてしまい人工芝に張り替えたなんてことも珍しくありません。例えばお仕事や子育てが忙しいうちは人工芝で、こまめにお手入れが出来るようになったら天然芝に張り替えるというのも良いかもしれません。

 

自分に合った芝を選んで、素敵な外構・エクステリアに仕上げてみませんか?

どこの業者に依頼すべきか悩んでいるということでしたら、まずはお見積もりについてご相談ください。
弊社ではお客様からのお問い合わせを受けたら現地調査にも向かい、その上で施工プラン・お見積もりをご提示させていただきます。
ここまでは無料でご対応が可能ですので、お気軽にお申し付けくださいね。
皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。
それでは最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。